看護師の雇用形態に正社員やパートはあるのか? 看護師求人に役立つ情報を配信しています。看護師求人なら民間ナースバンク


看護師の雇用形態に正社員やパートはあるのか?

看護師であっても正社員やパートが存在します。違いは労働時間になりますが、仕事の内容的にはあまり変わらなかったりするものです。

雇用形態の中で、パートと正社員は何が違うのかということを明確に分かる人は少ないかもしれません。
雇用形態としてパート勤務は非正社員であり、1週間の所定労働時間が同じ事業所の正社員よりも短いもの、又はその事業所の正社員と1日の所定労働時間が同じでも1週の所定労働日数が少ない者と定められています。
労働時間が短いことが区別の対象になるわけですが、業務の内容はだいたい同じであることがほとんどです。
看護師の場合でも雇用形態の区別は同様で、正社員もありますしパートも存在します。
その区別は業務内容的にはほぼ同じであることが多く、一般の職業と同じように労働時間が少なくなるという部分での違いです。
この違いは給与などにも表れ、看護師であってもパートに関しては時給制であることが多く、賞与や退職金は支払われないことがほとんどです。
その代わりに正社員に比べ時間的余裕があり、子育てをしながら勤務したりする場合に向いているといえるわけです。
給与が時給制であるといっても、看護師の給料水準はかなり高い位置にありますので、一般的なパートに比べればはるかに高くなるものではあります。
病院側から考えた場合には、看護師を雇い入れる際に正社員よりも人件費を下げることができるために、多くの求人が出ていたりするのです。


ピックアップ求人